Qustar Technologyは、音楽の制作方法を変革するAI搭載の音楽ジェネレーターTemPolorを発表した。TemPolorは、ビデオコンテンツを分析して歌詞とボーカル付きの音楽を作成できる世界初のAIツールとして際立っている。この革新的なテクノロジーは、アマチュアとプロの両方のコンテンツクリエイターのニーズに応え、ビデオの視覚的要素に合わせて著作権フリーの音楽を作成するためのシンプルでありながら効果的なソリューションを提供する。

TemPolorが生成AIの分野に導入されたのは、この分野に大きな影響を与えた他のAIツールの成功に続くものだ。TemPolorはユーザーフレンドリーなインターフェイスを備えており、テキストの説明を入力するか、ビデオをアップロードして、ビデオの雰囲気やコンテンツに合わせた完全なサウンドトラックを生成できる。AIがビデオのダイナミクスを細かく理解するため、結果として得られるオーディオは視覚的要素と完全に同期する。

このツールはさまざまなビデオ形式をサポートし、MP4ファイルとWAVファイルの両方でオーディオを出力する。ビデオ入力では最大90秒、テキスト入力では最大5分の音楽を生成できる。さらに、TemPolorの音楽は字幕やカバータグで強化できるため、ソーシャルメディア プラットフォームですぐに共有できる。このサービスは無料で提供されるため、パーソナライズされた音楽でコンテンツを強化したいユーザーにとって、参入障壁がさらに低くなる。

Qustar TechnologyのTemPolorに対するビジョンは、現在の機能を超えており、音楽制作プロセスを簡素化し、広範な音楽知識や制作経験の必要性を排除することを目指している。世界の音楽市場は大幅に成長すると予想されており、TemPolorは音楽制作の民主化と業界内でのイノベーションの促進において重要な役割を果たすことになる。芸術作品の制作にAIを活用するという同社の取り組みは、ユーザーと音楽業界の両方にとって新たな可能性を解き放ち、付加価値をもたらすことが期待される。

出典:プレスリリース