Web3 および AI テクノロジー企業である Raiinmaker は、メインネットを正式に立ち上げ、同社の発展における重要な一歩を踏み出しました。新しいメインネットは、AI を活用したネットワークに強化されたセキュリティ、スケーラビリティ、相互運用性機能を導入します。10 万人を超えるモバイル ユーザーが Raiinmaker AI スーパー アプリを使用したテストネット フェーズの成功に続き、同社は現在、その範囲を拡大する態勢を整えています。ユーザーは、AI モデルのトレーニング、NFT の鋳造、AI アートの作成など、積極的に参加しており、貢献に対する報酬を獲得しています。

Raiinmaker の CEO である J.D. Seraphine 氏は、メインネットの立ち上げは、人間が推進する真に分散化された AI ネットワークの出現を意味すると述べました。テストネット フェーズでは、AI テクノロジーの進歩における個人の役割に対して公正な報酬を与えることを目指す Raiinmaker のビジョンに対する大きな関心と支持が示されました。セラフィンは、このマイルストーンにより、同社の使命をより幅広いオーディエンスに広げ、より多くの人々の生活にプラスの影響を与えることができると考えています。

リーダーシップを強化するための戦略的な動きとして、レイインメーカーはジェニファー・ブーズとワイアット・ヒルケインを経営陣に加えることを発表しました。大手テクノロジー企業での事業開発の豊富な経験を持つブーズは、事業開発およびパートナーシップの責任者に就任します。彼女は、分散型 AI の変革期にレイインメーカーに入社できることに興奮を表明しました。オペレーション責任者に任命されたヒルケインには、物理​​世界とデジタル世界の橋渡しに関する 10 年以上の経験があります。彼は、レイインメーカーの革新的なネットワークに貢献し、AI とブロックチェーン技術の採用を促進する可能性に熱意を語りました。

レイインメーカーの最近の開発、特に 750 万ドルのシードラウンドの資金調達は、AI とブロックチェーン分野の発展に対する同社の取り組みを強調しています。同社は、AI を民主化し、ユーザーの参加に報いる革新的なアプローチで引き続き注目を集めています。 Raiinmaker の取り組みや最新情報の詳細については、同社の Web サイトにアクセスし、ソーシャル メディア チャネルをフォローしてください。

出典:プレスリリース