Recursive(東京都渋谷区)は、KDDIの広告物をAIで生成するモデルの開発に着手した。このAIモデルは、KDDIグループのブランド特性や顧客層を考慮し、KPI予測に基づく広告制作を可能にする。効率的かつ効果的なバナーや画像素材の制作を実現し、2024年秋の完成を目指す。

オンライン広告の重要性が増す中、広告主は迅速な広告デザイン制作が求められている。しかし、プラットフォーム最適化と訴求力のある広告制作は工数が多く、効率化が課題となっている。KDDIも同様に、広告制作の効率化とPDCAサイクルの高速化が求められている。

Recursiveは、KDDIのオンライン広告制作を最適化するため、ブランド特性を反映した広告物生成と、KPI予測に基づく広告物採用判断を可能にするAIモデルを開発する。これにより、従来の手作業を削減し、'データドリブン'な広告制作を実現する。

RecursiveのAIモデルは、KDDIグループの広告キャンペーンを支援し、商品やサービスをより多くの人々に届けることを目指す。環境負荷の低減にも努めながら、効率的かつ効果的な広告制作を通じて、KDDIグループのブランド価値向上に貢献する。

出典:プレスリリース