Relativity は、Relativity Fest London のオープニング基調講演で、AI を活用したレビュー ソリューション Relativity aiR for Review を発表しました。CEO の Phil Saunders 氏は、ソリューションの精度と、EMEA 地域の文書レビュー プロセスを変革する可能性を強調しました。この製品は第 3 四半期に利用可能になる予定で、文書分析の品質と効率性の向上を目指しています。

同社の生成 AI を活用した aiR for Review は、米国、英国、およびヨーロッパのいくつかの国を含む 9 つの地域でリリースされる予定です。最初の限定リリース以来、40 社を超える顧客が 100 件を超えるケースでこのツールを使用し、文書レビュー タスクを効率化しています。FTI Technology のシニア マネージング ディレクターである Jon Chan 氏は、このような AI ツールを法務ワークフローに統合して、法務専門家の能力を強化することに熱意を示しました。

Relativity は、このカンファレンスで、aiR for Review に加えて、aiR for Privilege と aiR for Case Strategy も紹介しました。これらのツールは、それぞれ特権審査の自動化と、弁護士による訴訟戦略の策定を支援するために設計されています。後者は現在、一部の顧客グループに先行アクセスされています。

EMEA の法律コミュニティの成長も焦点となり、RelativityOne のデータ管理と顧客ベースが大幅に拡大しました。Relativity は、法律アプリケーションにおける AI の革新的な使用に対して、この地域の 3 人の AI ビジョナリーを表彰しました。カンファレンスは、法律専門家におけるデータ分析の重要性を強調する新しいモデルである Legal Data Intelligence に関する基調講演で締めくくられます。さらに、Relativity の Justice for Change プログラムは、シリアでの正義を支援することを目的としたパートナーシップなど、社会正義の取り組みを継続的にサポートしています。

出典:プレスリリース