レブコム(東京都渋谷区)は、オンライン会議解析AI「MiiTel Meetings」に「Google Calendar」との連携機能を追加した。これにより、ユーザーは「Google Meet」の録画を自動で設定できるようになり、手動での登録が不要となる。これまでの手間や録画忘れの問題を解消し、会議の効率化が期待される。

同社は「MiiTel Meetings」の機能拡充に注力しており、全文検索、要約、音声感情認識、要注意商談通知、AI議事録生成、会議履歴共有など多岐にわたる機能を提供。さらにSalesforce、kintone、Slackとの連携を進め、ユーザーの利便性向上に貢献している。

今後も「MiiTel」シリーズの価値向上を目指し、企業の生産性向上に貢献する方針だ。オンライン会議解析AI「MiiTel Meetings」は、会議の可視化や社内共有を容易にし、営業効率を向上させるツールとして注目されている。公式サイトや資料請求、無償トライアルプランの情報はオンラインで提供されている。

出典:プレスリリース