Robloxは、最近のNVIDIAのAIポッドキャストで取り上げられたように、生成AIの統合により仮想プラットフォームを強化している。同社のAIおよび成長エンジニアリング担当副社長であるAnupam Singh氏は、AIがどのようにユーザーインタラクションの改善に活用されているかについての見解を共有した。自動化されたチャット フィルターやリアルタイムのテキスト翻訳などの機能は、ユーザー間の包括性を促進し、安全性を確保するために実装されている。

ポッドキャストでは、生成AIがRobloxクリエイターのコンテンツ作成を効率化する方法について詳しく取り上げた。Singh氏は、AI搭載のコーディングアシスタントが、スクリプトの技術的な部分ではなく、クリエイターが芸術的な側面に集中できるように支援する可能性を強調した。このテクノロジーは、没入型の仮想世界を構築するプロセスを簡素化し、よりシームレスなクリエーティブ エクスペリエンスを実現する準備ができている。

今後について、Singh氏はRoblox内での生成AIの将来のアプリケーションについて説明した。このテクノロジーは、プラットフォーム内でのユーザーの自己表現とインタラクションをさらに強化する予定だ。RobloxはAIを活用することで、コミュニティーにさらにダイナミックで魅力的な環境を提供し、プラットフォームが仮想体験のイノベーションの最前線に留まるようにすることを目指している。

ソース:NVIDIA Newsroom