ローランド株式会社とユニバーサルミュージック グループは、「AIによる音楽制作の原則」の導入を先導し、世界中の50を超える著名な音楽団体から支持を得ている。これらの原則は、音楽制作におけるAIの責任ある使用を確実にし、芸術形式における人間の本質を維持することに重点を置いている。NAMM、シドニー大学、BandLab Technologiesなどの著名な組織が支持者であり、AIの革新的な可能性に直面して、倫理基準と人間の創造性の保護に対する共同の取り組みを示している。

音楽業界は、音楽制作におけるAIの登場により、チャンスと課題の両方を伴う岐路に立たされている。「AIによる音楽制作の原則」は、こうした状況を切り抜けるために作成され、内部統制と幅広い業界からの支援の重要性を強調するガイドラインを提供している。これらの原則を採用することで、業界関係者は芸術的完全性を維持しながら、AIの変革能力を探求することを目指している。

Roland、UMG、その他の支持メンバーは、音楽業界のより幅広い層にこれらの原則を採用するよう積極的に奨励している。この呼びかけは、世界中のメーカー、教育者、レーベル、その他の関係者にまで及び、音楽制作におけるAIへの責任あるアプローチを促進する上で、統一されたサポートが果たす重要な役割を強調している。この連携は、AIが人間の芸術性を覆い隠すのではなく高める未来を形作る上で非常に重要であると考えられている。

音楽業界のリーダーたちの声明は、AIによる音楽制作の極めて重要な瞬間を浮き彫りにしている。BandLab Technologies、Splice、Focusrite PLCのCEOや、ジョージア工科大学のGil Weinbergなどの学術関係者は、AIが人間の創造性を高めるツールとして機能するようにするというコミットメントを表明している。NAMMの社長兼CEOであるJohn Mlynczak氏は、新しいテクノロジーを採用する上での集団行動の重要性を強調し、Rolandの研究開発担当副社長Paul McCabe氏とUMGの戦略技術担当SVPであるChris Horton氏は、AIの採用には思慮深いアプローチが必要であるというコンセンサースが高まっていることを認めた。この取り組みに参加したり、詳細を知りたい場合は、専用ウェブサイトaiformusic.infoを参照してください。

出典:プレスリリース