SAMURAI(東京都)は、自社で開発した「社内ChatBot」の開発過程を記したホワイトペーパーを公開した。この資料は無料でダウンロード可能で、DXや業務効率化に取り組む企業に有益な情報が含まれている。

同社は「生成AI推進チーム」を設立し、多様な部署のメンバーが参加するプロジェクトを進めた。その結果、2024年3月には社内向け、4月には社外向けのChatBotシステムをリリースすることができた。

ホワイトペーパーでは、プロジェクトの発足からリリースまでの経緯や、生成AIを活用したシステム開発のノウハウがまとめられている。SAMURAIは生成AIの研修も提供しており、その経験が反映された内容となっている。

また、生成AIを活用したChatBotや業務効率ツールの開発に関心がある企業は、SAMURAIに相談することができる。連絡先はメールや電話で受け付けており、詳細は公式ページで確認できる。

出典:プレスリリース