SBI生命(東京都港区)は、2024年7月から社内業務サービスをGPT-4o(omni)及びClaude 3 Haikuへバージョンアップすると発表。コールセンターのAIセルフボットにGPT-4oを導入し、ITサービスデスクではClaude 3 Haikuを搭載したAIオペレーターを用いる。

同社は、AWSの「Amazon Kendra」にGPT-4を組み込んだAIセルフボットを2023年7月から運用開始。GPT-4o(omni)の登場に伴い、検索結果の要約時間を短縮し、顧客対応を向上させる。また、AWSの「Amazon Bedrock」上で稼働するClaude InstantをClaude 3 Haikuにアップグレードし、スピーディーな自動案内を実現する。

今後、SBI生命はAIセルフボットやAIオペレーターの対応業務範囲を拡大予定。複数の生成AIモデルを特徴や目的に応じて使い分け、社内業務の効率化と顧客サービスの充実を目指す。GPT-4o(omni)とGPT-4はOpenAI社、Claude 3 HaikuとClaude Instantは米Anthropic社が提供するAIモデルである。

出典:プレスリリース