Scale AIは10億ドルという巨額の資金調達に成功し、同社の時価総額は138億ドルと大幅に上昇した。この投資ラウンドはAccelが先頭に立って行い、Y CombinatorやNVIDIAなどの既存投資家に加え、Cisco InvestmentsやAmazonなどの新規参加者も同ファンドに資金を提供した。この資金的後押しは、汎用人工知能の発展に不可欠な高品質データの可用性を高めるというScale AIの使命を推進するものとなるだろう。

OpenAIやMicrosoftのような業界大手の複雑なデータ課題への取り組みで知られる同社は、新たに調達した資金をモデル評価サービスの拡大に充てる予定だ。これらのサービスは、米国防総省を含む民間企業と政府機関の両方にとって極めて重要だ。ホワイトハウスが発表したDEFCON 31レッドチームイベントのような重要な取り組みへのScale AIの関与は、公共部門と民間部門のAI評価の向上に向けた同社の取り組みを強調している。

Scale AI は、AI テクノロジーの開発と展開において、高品質データが果たす重要な役割を重視しています。同社のプラットフォームは、AI ライフサイクル全体を支えるデータの管理に役立ち、堅牢で信頼性の高い情報に基づいて AI モデルが構築されることを保証します。AI モデルの進化に伴って複雑なデータ セットの需要が高まる中、このアプローチは不可欠です。

Scale AI の CEO 兼創設者である Alexandr Wang 氏と、Accel のパートナーである Dan Levine 氏は、AI の可能性を解き放つ上でデータの重要性を強調しています。彼らは、今日見られる AI の進歩は、Scale AI のデータ エンジンが提供する機能によるところが大きいと考えています。同社の戦略の中心にあるのは、データが豊富で制約がない未来のビジョンであり、GPT-10 などの言語モデルを制限なく拡張することを目指しています。JP Morgan と Allen & Co は、Scale AI にとってこの重要な取引の仲介人として重要な役割を果たしました。

出典:プレスリリース