SoftwareOne(スイス)は、AI技術の進化とビジネスへの応用が急速に進む中、顧客がデータ主導の意思決定を行うために「Microsoft Copilot」の機能を活用できるよう支援する。しかし、新しいテクノロジーやプラットフォームの導入には複雑さが伴い、綿密な計画が必要となる。そこで、同社は「Microsoft Copilot」の導入に関する包括的なアドバイザリサービスを提供し、顧客の導入プロセスを全面的にサポートする。

「SoftwareOne Copilot アドバイザリ: Envision」は、顧客が「Microsoft Copilot」を導入することで生産性に及ぼす潜在的影響を理解することから始まる。このサービスを通じて、顧客は「Microsoft Copilot」についての理解を深め、組織での活用可能性を確認し、ユースケースと準備計画を策定する。同社は、顧客がその影響を実際に目で見て感じることができるようにする。

また、「SoftwareOne Copilot アドバイザリ: Discover」では、顧客が「Microsoft Copilot」の導入前に直面する技術的および組織的課題を解決するための支援を行う。専門家によるセッションとインタラクティブな会話を通じて、顧客は「Microsoft Copilot」の活用方法を深く理解し、その可能性を適切に活用できるようになる。このサービスには、機能の定義、ライセンス、技術、セキュリティ、コンプライアンス、データ、組織の準備状況の評価などが含まれる。

SoftwareOneは、これらのアドバイザリサービスを通じて、顧客が「Microsoft Copilot」の導入を検討する際の不安や疑問に対処し、導入から社内展開までスムーズに実現するための支援を行う。サービスの価格は75万円(税抜)からであり、詳細は同社の担当営業まで問い合わせることができる。

出典:プレスリリース