スタンフォード大学の博士課程の学生であるChengshu Eric Li氏とJosiah David Wong氏は、ロボットにさまざまな家事作業を教える新しいプロジェクトBEHAVIOR-1Kを開発している。Fei-Fei Li教授の指導の下、2人はAIポッドキャストでホストのNoah Kravitz氏とこの取り組みについて話し合った。彼らは、強化学習と模倣学習の手法を通じてロボットをトレーニングするためにNVIDIA Omniverseプラットフォームをどのように活用しているかを説明した。

ポッドキャストでは、学生たちがロボットのトレーニングにシミュレーション環境を使用する利点について詳しく説明した。彼らは、既存のエンジンに頼るのではなく、ニーズに合わせて新しいシミュレーションエンジンを作成することの重要性を強調した。会話では、ロボットに複雑な家事を行わせるプログラミングの複雑さについて掘り下げた。これは、大きな課題を克服する作業だ。

ポッドキャストでは、大規模な言語モデルと視覚モデルがロボット工学の進歩に与える影響についても触れました。今後を見据えて、Li氏とWong氏はプロジェクトの今後の方向性について洞察を共有した。AIポッドキャストでは、人工知能とさまざまな業界の交差点に関する議論を引き続き取り上げており、GTCからライブで録画されるエピソードがさらに増える予定だ。

ソース:NVIDIA Newsroom