Google(アメリカ カリフォルニア州)は、SREやシステム管理者、DevOpsエンジニア、システムアーキテクト向けに、生成AIを活用した運用タスクの合理化を支援するツールキット「Gemini」を提供している。同社は、生成AIの基本を理解し、運用効率を高める方法を学ぶためのリソースをキュレーションしている。

生成AIの基礎から高度な手法までを学ぶための解説動画やハンズオンラボが用意されている。これにより、SREワークフローにおける生成AIの活用方法を理解し、準備を整えることができる。また、「Introduction to Generative AI」学習プログラムでは、生成AIの概要や効果的なプロンプトの作成方法などが紹介されている。

開発者向けの「Gemini Code Assist」では、AIとのコラボレーションによるSRE開発ワークフローの効率化を体験できる。Gemini Chatやインラインコードアシスタンスを使用してコード生成や理解を深めることが可能だ。さらに、Gemini Code Assistを活用した開発ワークフロー強化やテスト技術の習得に関するCodelabも提供されている。

Googleは、生成AIを用いたサービスの合成モニタリングテストの記述やアプリケーションエラーのトラブルシューティングなど、SREの未来に向けたインテリジェントな自動化と分析を鍵としている。これらのリソースを活用することで、より効率的かつ効果的なSREへと進化することが期待される。

ソース:AI & Machine Learning | Google Cloud Blog