ディリジェント(ニューヨーク)は、Diligent AIを発表。Diligent Oneプラットフォーム内の人工知能機能を強化し、組織のリスク管理をサポートする。ユーザーはリスク特定、データ保護、意思決定をより効果的に行えるようになる。

同社CEOブライアン・スタフォード氏は、経営者が直面するリスク環境に対応するため、データを戦略的インテリジェンスに変換する重要性を強調。Diligent AIはガバナンス、リスク、コンプライアンスを結びつけ、カスタマイズされた洞察を提供すると述べた。

Diligent AIは経営者がリスクを共有課題として捉え、インテリジェント・オートメーションを活用して成果を拡大。情報サイロを打破し、意思決定を強化することが可能になる。6月13日からのAIウェビナーシリーズで、その機能と経営に与える影響について議論される予定だ。

フィル・リム氏は、Diligent AIが経営者のリスク対応を迅速かつ効果的にすると語る。ディリジェントはAIの安全かつ倫理的な使用にコミットし、ユーザーのデータ保護と透明性を確保。詳細は同社のAI原則で確認できる。

出典:プレスリリース