スタディポケット(東京都渋谷区)は岐阜市と共同で、中学校における生成AIの実証事業を行うと発表した。岐阜市立長良中学校を含む市内小中学校の教員が対象で、教務と校務の両面でAIを活用する。生徒には個別最適な学びを、教職員には校務の負担軽減を目指す。

実証事業では、「スタディポケット for STUDENT」と「スタディポケット for TEACHER」を提供。生徒は授業や家庭学習でAIを利用し、教員は業務効率化を図る。また、教育現場でのAI活用に向けた研修体制の整備や啓蒙活動も行う予定だ。

スタディポケットは、生成AIを用いた学習支援と校務効率化を同時に進めることで、教育現場のDX化を目指す。今年度上半期には数百校でのAI導入を計画しており、政府のKPIに基づき、2025年度までに全国の50%の学校での活用を目標としている。

同社は、生成AIのリスク管理にも注力し、ハルシネーションの防止やプライバシー保護に取り組む。また、全国の導入校でのコミュニティ形成を進め、教育現場でのAI活用の知見を共有する計画だ。安全な環境でのAI利用を目指し、生徒のニックネームのみでの利用や国内データセンターの活用など、セキュリティ面も強化している。

出典:プレスリリース