SymphonyAI は、高度な AI テクノロジーを通じて金融市場の洞察を強化することに特化した新しい部門を立ち上げ、トレーディングおよび投資分野に進出することを発表しました。この部門の Tenor プラットフォームは、SymphonyAI の Eureka Gen AI プラットフォームと 1010data から取得したテクノロジーを統合し、さまざまな金融ワークフローの合理化を目指します。Coalition Greenwich の Kevin McPartland 氏は、特に債券データの分析を通じて、市場の流動性、執行品質、投資収益の向上に AI が果たす重要な役割を強調しました。

新部門の社長であるアダム・キノネス氏は、複雑な金融市場において迅速かつ情報に基づいた意思決定が極めて重要であることを強調し、AI が取引や投資活動をうまく管理する鍵であると指摘しました。20 年にわたる顧客とのコラボレーションを通じて開発された Tenor 製品ポートフォリオは、革新的な AI ソリューションによって市場の独自のニーズに対応する態勢が整っています。このプラットフォームはアドホック分析を提供し、広範なデータセットの操作やデータ サイエンス ツールとの統合を可能にして、さまざまな金融モデリング ワークフローをサポートします。

Tenor プラットフォームの AI 機能には、データセット、ニュース、調査の分析を自動化して、金利の変更など、市場に影響を与える決定を予測する感情エンジンが含まれています。さらに、行動シミュレーターは AI を活用して経済的相互作用をモデル化し、住宅ローン融資と消費者信用の傾向を予測します。SymphonyAIは、広範な消費者信用情報と住宅ローンデータを含むようにデータ提供を拡大し、取引および投資クライアント向けの AI モデルの予測精度を高めています。

出典:プレスリリース