クリエーティブ系生成AI

Total 1756 Posts
画像、音声、動画などのクリエーティブな生成AIトピックを取り上げます。

りんなAIアバター対話サービス開始

rinna(東京都渋谷区)は、AIアバターとLLM、音声合成技術を組み合わせた「Virtual Human Talk」の提供を開始すると発表した。このサービスは、特定のデータで学習させたLLMをAIアバターに組み込むことで、ユーザーの望むキャラクター性や知識を持つ対話型AIアバターを実現する。 Virtual Human Talkの特徴は、AIアバターが高度なコミュニケーションを行える点にある。スマートフォンやPCのウェブブラウザ上で利用可能で、オプションにより音声対話も実現する。また、rinnaのKoemotion音声合成やサードパーティーのTTSサービスを使用し、実在する人物の声もAIアバターに実装できる。 さらに、rinnaの技術を活用して、スマートフォンで撮影した録画データから対話型AIアバターを作成することも可能だ。背景変更もグリーンバックを使用することで対応できる。ただし、他社TTSを使用する場合、一部機能に制限がある可能性がある。 rinnaは、AI技術やLLMの進化に伴い、様々な業界のビジネス課題解決に貢献するため、市場ニーズに応じたサービスのアップデ

WalkMe、春のリリースで新しい AI 機能を発表

WalkMe Ltd. は、2024 年春の製品リリースで新しい生成 AI 機能を導入すると発表しました。AI Answers と AI SmartTips という機能は、エンタープライズ システムにおけるユーザーの生産性とデータ品質の向上を目的としています。これらのツールは、6 月 18 日に開催される同社の年次イベント Realize で紹介される、より大規模な GenAI スイートの一部です。 AI Answers は、ユーザーがビジネス環境内で情報にアクセスする方法を変えるように設計されており、自然言語クエリを理解して正確な応答を提供する会話型検索を提供します。この機能は、承認された企業ソースと連携して、提供される情報が正確で準拠していることを保証することを目的としています。一方、AI SmartTips は、リアルタイムの入力検証を提供することでオープンテキスト フィールドでのデータ入力を改善し、高品質で準拠したデータを保証し、運用上の非効率性を削減することを約束します。 同社の最高マーケティング責任者であるアドリエル・サンチェス氏は、煩雑なユーザー エクスペリエ

Kyndryl、NVIDIA と AI ビジネス インサイトの強化で提携

Kyndryl は、企業向けの AI 主導の洞察の開発と適用を強化するために、NVIDIA との戦略的提携を発表しました。この提携は、Kyndryl のデジタル プラットフォームである Kyndryl Bridge を通じて AI ライフサイクル全体をサポートすることを目指しており、今後は NVIDIA のフルスタック アクセラレーテッド コンピューティングとソフトウェアが組み込まれます。この取り組みは、生成 AI ソリューションのテスト、検証、展開を迅速化し、アプリケーションのロールアウトと運用エクスペリエンスの速度と効率を向上させることに重点を置いています。 この提携は、生成 AI ソリューションを拡張して競争力を維持したい企業にとって不可欠な、強力なテクノロジとサービスの組み合わせを提供する準備ができています。Kyndryl の専門知識と NVIDIA の高度なテクノロジを統合することで、クライアントは AI テクノロジの採用と拡張性に不可欠な包括的な知識ベースにアクセスできるようになります。 Kyndryl は、NVIDIA の NeMo プラットフォームと NIM

QTnet法人AIプラットフォーム拡充

QTnet(福岡市)は、法人向けマルチ生成AIプラットフォーム「QT-GenAI*1」に、新たなAIモデルを2024年5月14日に追加すると発表した。新モデルにはGoogle Cloud Vertex AI*2の「Gemini1.5 Pro」、「Claude3 Sonnet」、Azure OpenAIの「GPT-4 Turbo」が含まれる。これらの導入により、長文要約や画像解析など多岐にわたるニーズに応えるAIの選択肢が広がる。 UI面では、「チャット機能」に加えて、「プロンプト自動生成モード機能」を新設。40以上のプロンプトテンプレートを用意し、ユーザーはプロンプト作成のスキルに関わらず、簡単にサービスを利用できるようになる。 セキュリティ強化のため、QT-GenAIには閉域網接続サービスQTPROクラウドダイレクトタイプE*3との接続オプションも追加された。これにより、ユーザーはより安全にサービスを利用できる。 QTnetは、生成AI技術の進展に合わせてサービスを更新し続ける方針を示している。QT-GenAIは、ビジネスシーンでの幅広い活用を目指し、今後も機能拡張

ニーズウェルAIでカーエレ不具合追跡効率化

ニーズウェル(東京都千代田区)は、大手半導体商社と生成AIを用いたアプリ開発の実証実験を行う契約を締結した。自動車の性能向上に伴い、カーエレクトロニクスの品質保証が重要となっている中、同社は不具合追跡の効率化に取り組む。 半導体商社は、不具合報告の受付や共有方法に課題を抱えており、ニーズウェルは情報共有の統一化と生成AIの活用を提案。実証実験を通じて、不具合追跡の効率化と省力化が可能であることが確認された。 ニーズウェルは今後、生成AIを活用したアプリを用いてシステム化を進め、不具合追跡の最適化を図る。これにより、顧客の事業成長に寄与することを目指す。 同社のAIサービスは、画像認識・解析やデータ分析・予測などの技術を駆使し、業種を問わず顧客のDX化や業務効率化を支援。AIシステムの企画から運用までをトータルでサポートし、コストパフォーマンスと顧客満足の向上を追求する。 出典:プレスリリース

SHIFT AI 生成AI人材研修サービス開始

SHIFT AI(東京都渋谷区)は、企業向けに「生成AI人材育成研修」サービスの提供を開始すると発表した。同社は「日本をAI先進国に」を目指し、AIのビジネス活用を学べる国内最大級のコミュニティ「SHIFT AI」を運営している。また、AI人工知能EXPO【春】への出展も予定している。 提供される「生成AI人材育成研修」は、生成AIを業務に活用するための研修から導入までをサポートするサービスだ。専門家による高品質なコンテンツを提供し、最新情報のキャッチアップも可能としている。eラーニング研修では、生成AIの基礎から応用、業種別の事例まで学べる。 さらに、実践型のワークショップを通じて、「生成AIの業務活用イメージ」を具体化し、業務改善を促進する。導入コンサルティングでは、プロジェクト立ち上げから業務分析、人材育成方針の策定までをトータルでサポートする。 企業が直面するAI人材不足や生成AIの活用方法の不明などの課題に対応するため、SHIFT AIはこの研修サービスを通じて解決策を提供する。ChatGPTなどのツール導入後の使いこなしにも対応し、企業のAI活用を強化する

JPC AIモデル活用広告サービス開始

JPC(京都市下京区)は、AI技術を活用した新しい広告制作サービス「AI/AD MAKERS」を開始。ファッションや美容業界などでAIモデル・タレントを用いることで、撮影コストの削減と効率化を実現し、広告効果の向上に貢献している。ECサイトや印刷メディアにもAIモデルが導入され、注目を集めている。 同社は「画像生成系AI」に注目し、高性能PCを導入。リアルなAIモデル・タレントの生成技術を進化させ、「Stable Diffusion」や「Midjourney」を駆使する「プロンプター」を育成。AIモデル・タレント事務所も開設し、年間3万円で多様なAIモデルを提供している。 JPCはオリジナルAIモデル・タレントの開発も手がけ、6万円から専属モデルの開発サービスを提供。企業独自のブランドイメージに合ったAIモデルを作成し、他社との差別化を図っている。また、高解像度のAIモデル画像変換技術にも長けており、WEBから印刷物まで幅広く活用されている。 WEB/SNS広告バナーのクリック率向上にもAIモデルが貢献。JPCはAIモデル生成から広告運用・解析までをワンストップで提供
You've successfully subscribed to Generatived
Great! Next, complete checkout for full access to Generatived
Welcome back! You've successfully signed in.
Unable to sign you in. Please try again.
Success! Your account is fully activated, you now have access to all content.
Error! Stripe checkout failed.
Success! Your billing info is updated.
Error! Billing info update failed.