Tajigen(藤井隆夫)は、宿泊業界向けChatGPT事業を2024年7月3日にスタートする。この新事業は、全国の宿泊施設での実務経験とAI技術を組み合わせ、業務効率化と顧客満足度向上を目指す。

日本の宿泊業界は人手不足や過重労働に悩まされているが、ChatGPTの導入により、これらの問題が緩和される見込みだ。多言語対応機能により、インバウンド客への対応もスムーズになるという。

また、多国籍スタッフ間のコミュニケーション改善や、新人とベテラン間の情報格差解消にも寄与する。初期研修の効率化により、短期雇用スタッフも含めたサービス品質の均一化が期待される。

Tajigenは、宿泊業に特化したChatGPTサービスを提供し、Teamプランを通じてスタッフ間の情報共有を促進する。導入支援から研修、カスタムGPTの作成まで、幅広いサポートを行う。サービス詳細は公式HP「https://gpt-stay-dx.jp/」にて確認できる。

出典:プレスリリース