光回線スイッチ (OCS) 分野の大手メーカーである Teleescent は、最近、世界有数のクラウドおよび AI ハイパースケール データ センター オペレーターから、同社史上最大の受注を獲得しました。同社のロボット ソリューションは、データ センターのファイバー相互接続の複雑さが増す中で管理できるため、ますます需要が高まっています。この新しい受注により、Telescent は採用と収益の急増を経験しており、自動化されたネットワーク ソリューションに対する市場ニーズの高まりを反映しています。

同社のテクノロジーは、AI の進歩、GPU 効率の向上、帯域幅の拡大の必要性によって再編されつつある進化するデータ センターの状況において、極めて重要な役割を果たしています。Telescent のイノベーションは、大規模データ センターの拡張によって生じるネットワークの課題に対処する上で特に重要です。業界の大手企業との共同研究により、Telescent のシステムによって機械学習のトレーニング時間を大幅に短縮できることが実証されています。2,000 を超えるデュプレックス ポートを誇る同社の最新の G5 ロボット クロスコネクト システムは、そのコスト効率と優れたパフォーマンスにより、大手データ センター オペレーターの注目を集めています。

テレセントのビジネス開発担当副社長アラン・ギブマイヤー氏は、同社のイノベーションへの取り組みと、AI とロボット工学の最新技術の進歩との連携を強調しました。同氏は、最近の成果は、データセンター部門のダイナミックなニーズを満たすためのチームの献身によるものだとしています。テレセントは、顧客が競争力を維持できるよう、技術の進歩に引き続き注力しています。

G5 ロボティック パス パネル システムを含むテレセントの製品についてさらに詳しく知りたい方は、同社の Web サイトで詳細をご覧ください。

出典:プレスリリース