TENHO(東京都渋谷区)は、茨城県つくば市の「生成AIリテラシー向上研修支援業務委託」を受注した。2024年5月16日に契約を締結し、市職員約2,000名の生成AIリテラシー向上を目指す。

つくば市は、デジタル・ガバメント推進方針に沿って、デジタルガバメント推進本部を設置。生成AI利用の促進を目的にリテラシー研修を開始した。詳細は公式サイトで確認できる。

案件内容は、生成AIセミナーや選定職員向けワークショップの実施など。職員が生成AIを理解し、実務に活かせるスキル習得を目的とする。

TENHOは、生成AIに関する知見と研修実績を活かし、リテラシー向上支援のほか、導入や活用率向上支援でつくば市の発展に寄与する。

出典:プレスリリース