米国政府は、リスクを管理しながらテクノロジーの可能性を活用することを目的とした一連の法案や規制原則により、人工知能(AI)の環境を積極的に整えている。議会では超党派の取り組みが進行中で、AI法案を専門とする委員会と、上院の超党派AIワーキンググループの政策ロードマップが作成されている。これらの取り組みは、科学、医療、エネルギーなど、さまざまな分野でAIイノベーションを強化し、AI主導の経済に労働力を準備することを目的としている。

2030年までに年間25兆ドルに達する可能性があるAIの大きな経済的影響を認識し、連邦政府はAIツールへのアクセスを容易にし、AI対応の労働力を育成するための行動を概説した。サイバー防衛や国家安全保障などの分野でのAIの効果的な導入に重点を置き、公共部門と民間部門の協力的な取り組みは、世界的な技術競争でリーダーシップを維持するために不可欠であると考えられている。

AI規制へのアプローチは、責任あるイノベーション、質の高い成果、既存の機関の権限強化を重視する7つの原則によって導かれている。これらの原則は、安全性と信頼性を確保しながら技術の進歩をサポートする規制フレームワークを提唱している。提案されたモデルには、それぞれの分野でAIに関連する独自の課題に直面しているさまざまな機関を支援するためのAI専門知識の中央ハブが含まれる。

AIの変革力は、Google検索やマップなどの日常的なツールから、タンパク質構造予測や洪水予測などの科学的取り組みまで、数多くのアプリケーションにおける画期的な進歩に明らかだ。AI規制に関する継続的な対話は、一貫性のある思慮深い協力と標準の国際的整合を念頭に置き、潜在的な害に対処しながら、AIテクノロジーが進歩を継続的に推進することを目指している。

ソース:The Keyword, Google