ユニリタ(東京都港区)は、自社のサービスマネジメントプラットフォーム「LMIS」と、OpenAI社の生成AI「ChatGPT」との連携機能を発表した。この機能により、「LMIS」に蓄積されたインシデント管理のチケット情報を「ChatGPT」が検索し、類似のインシデント情報を提案する。

利用者は提案された情報の類似度をスコアで確認でき、インシデント解決の手助けを受けることができる。さらに、FAQ作成支援機能を通じて、過去のチケット情報からFAQの「質問と回答」の候補を生成し、FAQ作成の工数削減と質の向上が期待される。

「ChatGPT」は、OpenAI社が提供するLLMサービスで、自然な対話形式での回答を提供する。2022年11月の公開以来、その回答精度の高さが注目され、利用者数が増加している。

「LMIS」は、サービスデスク機能を中心に、サービスマネジメントを支援するプラットフォームだ。顧客サービスのマネジメントとカイゼンを実現し、サブスクリプション形式でコストを抑えた利用が可能である。国内150社以上の大手企業で利用され、18,000ユーザー以上のサービス利用者と200,000ユーザー以上のセルフサービスポータル利用者がいる。詳細は「LMIS」のウェブサイト(https://www.lmis.jp/)で確認できる。

出典:プレスリリース