著名なフロントエンドクラウド プラットフォームであるVercelは、シリーズEの資金調達ラウンドで2億5,000万ドルを調達し、評価額32億5,000万ドルを達成した。資金調達はAccelが主導し、他の複数の投資家も出資した。この資本注入により、ウェブ開発分野、特にAIとフロントエンドクラウド サービスの統合におけるVercelの継続的なイノベーションが促進される。

同社は、インフラ管理を簡素化し、優れたユーザーエクスペリエンスの作成に集中できるようにすることで、開発者や大手ブランドの間で支持を集めている。Next.jsテクノロジーを搭載したVercelのプラットフォームは、月間アクティブ開発者数が100万人を超えるという重要なマイルストーンを達成し、最近、年間収益が1億ドルを超えました。

Vercelは、新たに調達した資金を活用して、プロンプトを通じて製品作成を簡素化するGenerative UI製品v0を強化し、Vercel AI SDKをさらに開発する予定だ。これらの投資は、AIを活用したアプリケーションを構築するための堅牢なツールを開発者に提供することを目的としており、技術進歩の最前線に立ち続けるという同社の取り組みを反映している。

VercelがFrontend Cloudの提供を拡大する中で、セキュリティーは同社にとって最重要課題となっている。同社は、顧客に安全な環境を提供するために、セキュリティー対策の強化に注力している。Vercelのセキュリティーに対する積極的なアプローチは、現在毎週10億近くの脅威に対して防御を行っていることからも明らかであり、同社はAIの拡大に伴うリスクの進化から保護する能力を今後も強化していく予定だ。

出典:プレスリリース