ビジュアルAI業界のリーダーであるVoxel51は、シリーズBの資金調達で3,000万ドルの調達に成功した。この投資ラウンドはBessemer Venture Partnersが主導し、Tru Arrow Partners、Drive Capital、Top Harvest Capital、Shasta Ventures、ID Venturesが資金を提供した。同社は、この資金を活用して市場での存在感を高め、コミュニティーの成長を促進し、ビジュアルAIアプリケーションの需要増加に対応するために製品開発を加速する予定だ。

機械学習とコンピュータービジョンの専門家によって設立された同社は、AIプロジェクトの高い失敗率に取り組むことを目指している。Harvard Business Reviewの報告によると、失敗率は最大80%に達する可能性がある。Voxel51のプラットフォームは、本番環境に対応したAIモデルとアプリケーションを作成するプロセスを合理化し、現在のツールと手動プロセスの煩雑さとエラーが発生しやすい性質によって生じる課題に対処するように設計されている。

オープンソースのFiftyOneやエンタープライズグレードのFiftyOne Teamsなど、Voxel51の製品はAIエンジニアやチームにとって欠かせないツールとなっている。これらのソリューションは、チームの生産性を最大50%、モデルの精度を最大30%向上させると報告されている。同社の技術は、LG ElectronicsやBerkshire Greyなどの著名な組織で既に利用されており、製品の品質、安全性、運用効率を向上させる革新的なビジュアルAIソリューションの開発に使用されている。

投資家のBessemer Venture PartnersのLindsey Li氏は、Voxel51のビジョンと、企業にとって基本的なAIインフラストラクチャーになる可能性に自信を示しました。CEOのBrian Moore氏は、成功するAIアプリケーションを構築するには適切なデータとモデルの統合が重要であると強調し、同社のミッションを推進するのに役立つ投資家のサポートに感謝の意を表しました。シリーズAの資金調達以来、コミュニティーの関与と商業的成長が大幅に増加したVoxel51は、ビジュアルAI分野で大きな進歩を遂げる態勢が整っている。

出典:プレスリリース