トロントを拠点とするスタートアップ企業は、生成AIの力を活用して輸送業界を強化し、長距離トラック輸送用の自動運転車(AV)の導入に注力している。同社は最近、大手テクノロジー企業との提携を発表し、高度な集中型自動車コンピューターを自社の自動運転トラックソリューションであるWaabi Driverに統合した。この提携は、安全で効率的な自動運転トラックソリューションを市場に投入することを目指しており、来年には完全無人運転を開始する予定だ。

このスタートアップ企業は、安全なAI駆動型自動運転車向けに設計された有名企業のオペレーティングシステム上で技術を開発している。同社の独自の戦略には、2つの生成AIシステムの相乗効果が含まれている。1つは「教師」として機能する高度なシミュレーター、もう1つは「生徒」として機能するエンドツーエンドのAIシステムだ。この組み合わせは、広範囲にわたる実世界でのテストの必要性を減らし、より安全でスケーラブルな自動運転ソリューションを促進するように設計されている。

スタートアップのCEOは、生成AIを自社の車両に導入することを目指して、テクノロジー大手との緊密な連携に熱意を示した。CEOは、AV開発における生成AIの効率性を強調し、現実世界とやりとりする教師なしモデルから学習する能力を強調した。このアプローチにより、従来は多大なエンジニアリングリソースを必要としていた開発プロセスが合理化されると期待されている。

このスタートアップとテクノロジー企業との提携は、テクノロジー企業自体の寄付による大規模なシリーズB資金調達ラウンドなど、いくつかの重要な成果の1つである。さらに、このスタートアップは物流の連携に携わり、米国で商用トラック輸送ルートを確立し、業務を一元化するためにテキサスにトラック輸送ターミナルを設置した。CEOは、同社のウェブサイトで、生成AIシミュレーションと基礎AIモデルを融合したAV開発により、この変革的テクノロジーの安全で広範な導入が世界中で促進されるだろうと伝えた。

ソース:NVIDIA Newsroom