サンフランシスコ、2024年6月13日 – AIを活用した大手ソフトウェアエンジニアリング企業が、生成型AIによるソフトウェア開発を強化するために設計された新しいオペレーティングフレームワークAI.R+を発表した。ガートナーの予測によると、今後数年間で企業によるGenAIの大幅な導入が見込まれており、同社のAI.R+は、クライアントが業務を強化し、大幅な成長を達成できるようにする最前線に立つことを目指している。

同社のCEOは、AIをビジネスオペレーションの中核に統合することの重要性を強調した。彼は、AI.R+が戦略の中心であり、クライアントのビジネス拡大に貢献する測定可能なメリットを提供することに重点を置いていると述べた。同社は、AIを価値創造の戦略的ツールとして使用し、責任ある倫理的な実装を確実にすることに取り組んでいる。

AI.R+は、WIZEBrain、WIZECores、WIZEAcademyという3つの主要コンポーネントを中心に構築されている。WIZEBrainはAIを利用してソフトウェア開発ライフサイクルを改善することに重点を置いており、WIZECoresは業界ソリューションの作成をスピードアップするためのAIモジュールを提供し、WIZEAcademyはAIの継続的な学習に専念している。これらの要素は、イノベーションを促進し、開発を加速し、将来の課題に備える人材を育成するように設計されている。

同社のCEOはさらに、AIを効果的に実装する組織との協力に注力していると述べた。同社はAI.R+と戦略的パートナーシップを通じて、高度なAIテクノロジーをより利用しやすくし、クライアントが変革能力を活用できるようにすることを目指している。

出典:プレスリリース