Workatoは最近、RemoteTech Breakthrough Awardsの「ソフトウェアライセンス管理(SLM)ソリューションオブ ザイヤー」の称号を授与された。この栄誉は、さまざまな分野における技術の進歩と革新を称えるTech Breakthrough組織による一連の表彰の一部だ。RemoteTech Breakthrough Awardsは、特にリモートテクノロジーの分野での成果を表彰する。

WorkatoのCEOであるVijay Tella氏は、この認定に興奮を示し、AIを通じてビジネスの生産性を向上させるという同社の取り組みを強調した。WorkatoのAI@Workは、AI、自動化、統合を単一のプラットフォームに融合し、人間中心のアプローチで迅速かつスケーラブルなAI導入を促進することを目指している。

WorkatoのAI@Workスイートは、組織内でのAIの使用を民主化するように設計されており、Workato CopilotsやAI Connectivityなどのツールを提供して、ユーザーがインテリジェントなビジネスプロセスを作成できるように支援する。GEARSAI運用フレームワークは、AI主導の自動化の広範な採用と民主化をさらにサポートする。さらに、Workatoが2024 Gartner® Magic Quadrant™ for iPaaSのリーダーとして認められたことは、包括的なビジネスプロセスを調整し、企業全体でAIを運用化する能力を強調している。

AWSとのコラボレーションやベストセラーのビジネス書とポッドキャストのリリースなど、大きな成果を上げた1年を経て、Workatoは引き続き業界の評価を獲得している。同社の最近の栄誉には、Deloitte Technology Fast 500、JMP Securities Hot 100 List、2023 Forbes Cloud 100、2024 APPEALIE SaaS and Software Awardsへの選出が含まれ、エンタープライズ自動化とAI統合の分野でのその卓越性がさらに確立されている。

出典:プレスリリース