横須賀市はAI戦略アドバイザー深津貴之氏の監修のもと、市民の相談に応じるチャットボット“ニャンぺい”の開発を進めている。公開実験を通じて不具合を収集し、改善を目指す。利用者はニャンぺいとのチャットを通じて、問題点を報告するよう求められる。

公開実験の結果はレポートにまとめられ、他の自治体や企業と共有される予定だ。横須賀市は以前から職員向けに同様の取り組みを行い、不具合の改善に努めてきた。今回の実験では市民の協力を得て、より多くのデータを集め、チャットボットの性能向上を図る。

将来的には、いつでも安心して利用できるチャットボットの実現を目指す横須賀市。安全性と信頼性の確保が重要とされる。公開実験を通じて得られるフィードバックが、より良いチャットボット開発に役立つとしている。

この取り組みが自治体のDX推進に寄与することを横須賀市は期待している。市民はニャンぺいとの対話を通じて、その成長に貢献できる。※使用されているのはOpenAI社の最新モデルGPT-4である※

出典:プレスリリース