日本の生成AI

Total 1563 Posts
日本国内のAIに関するニューストピックを取り上げます。

ソフトクリエイト安全AIゲートウェイ開発

ソフトクリエイト(東京都)は、企業が生成AIを安全かつ容易に利用できる「Safe AI Gateway」を開発した。このサービスはMicrosoftのAzure OpenAI Serviceを基盤にしており、ChatGPTなどの最先端AI技術を情報漏洩やセキュリティーリスクの心配なく導入できる。 「Safe AI Gateway」は専用環境の提供や情報漏洩対策、利用情報の可視化などを特徴とし、企業のAI活用を支援する。また、Microsoft Entra IDとの連携により安全な認証機能を提供し、社内でのAI活用を促進する。 同社は3つの導入プランを用意し、ニーズに合わせた柔軟なカスタマイズが可能。2024年3月にはVer2の提供を予定しており、自社データを活用したAI体験が実現する。申し込みはサービスサイトまたは営業担当を通じて行える。 日本マイクロソフト(東京都)は「Safe AI Gateway」の提供を歓迎。Azure OpenAI Serviceを基盤としたこのサービスにより、生成AIの力を安全かつ簡単に提供することが可能になると述べている。両社は今後も連携

ノースサンド新書「AI思考は武器に

ノースサンド(東京都)の谷岡悟一ら4名は、AIの活用がビジネスの基本となると見据え、人間の能力やスキルが重要との考えから新書を出版。AIの進化を踏まえ、伸ばすべき能力について解説する内容だ。 書籍「『AI思考』は武器になる」は、AI技術の急速な進展に対応するためのリテラシーを提唱。AIを個人のスキル向上に活用する「AI思考」を紹介し、Notion AIを用いた具体的な思考法を解説する。 著者はノースサンドのトップコンサルタントで、AIの現状と未来予測を基に、個人・組織・企業レベルでのAI活用法を説く。書籍はAmazonや楽天で購入可能で、価格は1,848円(税込)。 ノースサンドは、人に焦点を当てたコンサルティングサービスを提供。IoTやAIなどのデジタルテクノロジーを活用し、クライアントの課題解決を支援する。同社は、カッコイイ会社を増やし、世界をデザインする企業を目指す。 出典:プレスリリース

Fotographer AI商品画像自動生成AIサービス

Fotographer AI(東京都渋谷区)は、EC事業者や広告クリエーティブ担当者に向けたAIサービスを提供している。同社のサービス「Fotographer.ai」は、商品画像を自動生成する技術を駆使し、キャンペーンやシーズンごとの撮影ニーズに応える。 同社の技術は、画像をアップロードし、希望するイメージを入力するだけで、短時間にクリエーティブな商品画像を作成可能。素材の自由な配置も可能で、ユーザーのニーズに合わせた構図での画像生成を実現している。 「Fotographer.ai」は、Stability AI Japanのサポートプログラムに採択されるなど、そのクオリティが高く評価されている。また、総合コマースプラットフォーム「ecforce」との連携も進められており、サービスの拡充が期待される。 新日本製薬(福岡市中央区)は、Fotographer.aiの導入により、マーケティングの効率化と高度化を図る。同社の濱上晃事業開発マネージャーは、生成AIの技術を用いたサービスで、クリエイティビティーの拡張を支援する意向を示している。 出典:プレスリリース

ヌーラボBacklog新連携機能発表

ヌーラボ(福岡市)は、自社のプロジェクト・タスク管理ツール「Backlog」が、Microsoft Copilot for Microsoft 365と連携する新機能を2024年春にリリースすると発表。この機能により、Microsoft Teams上でBacklogの課題を検索・管理できるようになる。 新機能では、生成AIを活用し、Backlogの課題をMicrosoft Copilot for Microsoft 365経由で呼び出したり、状態や担当者、期限日を更新できる。例えば「Copilotに関するBacklogの課題で、期限日が2024年1月1日から2024年1月31日のものを教えてください」といった問いかけが可能に。 ヌーラボは、この連携によりプロジェクト・タスク管理の効率化とチームコラボレーションの促進を図る。利用にはBacklog、Microsoft Teams、Microsoft Copilot for Microsoft 365の契約が必要。同社は「“進んでるね!”で、チームは進む」というコンセプトのもと、Backlogを提供している。 ヌーラボはB

PecoAI AIチャット更新と新プラン

PecoAI(沖縄県那覇市)は、AIチャットオペレーターソリューション「PecoChat」のアップデートを発表。ChatGPTを活用し、AIの学習制限を撤廃、回答の正確さを向上させた。新プランも導入し、ビジネスやスタートアップが利用しやすくなった。 PecoChatは、ファイルをアップロードするだけでAIオペレーターを作成できるサービス。ウェブサイトやLINEでの顧客対応を自動化し、応答効率を改善。初日から高精度のサポートが可能で、顧客満足度の向上とコスト削減に貢献。 同サービスはeコマース、教育、不動産など多岐にわたる業界で利用可能。商品情報、予約方法、緊急連絡先など、業界特有の要望にも対応。AIの回答精度はGPT-4 Turboへのアップデートで向上し、ユーザー体験がさらに良くなった。 新料金プランは月額9,800円から。市場の一般的な価格帯よりも手ごろで、特に新規ビジネスやスタートアップに適している。無料プランも提供し、AIの精度やユーザーインターフェイスの使いやすさを試せる。2024年2月18日から新プランがスタートする。 出典:プレスリリース

クウゼンGPT-4で業務効率化支援

クウゼン(東京都)は、自社開発の「KUZENサポート」を通じて、企業の業務効率化に貢献している。このサービスは、ノーコードで自然言語処理を活用したチャットボットの作成を可能にし、多くの法人顧客の支持を得ている。 新たに「KUZEN powered by GPT-4」を導入し、企業固有のデータを活用した自動回答生成が実現。これにより、Q&Aデータの準備やメンテナンスの工数削減が期待される。また、チューニング機能を豊富に備え、回答精度の向上が図られる。 さらに、FAQ機能との併用が可能で、コスト増の不安を解消しながら、適切なAI活用ができるようになる。2024年4月には、対話履歴分析機能をリリース予定で、サービスの拡充を図る。 クウゼンは、対話デザインプラットフォーム「クウゼン」の機能拡張に注力。450社以上の企業に導入されており、DX化を支援する。詳細は公式サイトまたはメールで問い合わせ可能だ。 出典:プレスリリース

InveniAI、AI主導の創薬で小野と提携

InveniAI LLCは、創薬の取り組みを強化するため、小野薬品工業株式会社との戦略的パートナーシップを発表した。この提携では、AIとMLアルゴリズムを統合したInveniAIのAlphaMeldプラットフォームを利用して、医療における小野薬品の関心分野の新たなターゲットを特定し、最適化する。小野薬品は、結果として得られる医薬品候補を世界中で開発および商品化する独占的権利を有します。 AlphaMeldプラットフォームは、複雑なデータを統合して治療法開発を加速することで知られており、この取り組みの最前線に立つことになる。小野氏は、InveniAIの技術によって特定された治療標的の可能性を確認するための検証研究を実施する予定だ。小野薬品の上級執行役員、滝野東一氏は、創薬効率を向上させ、世界中の患者に革新的な治療法を提供できる提携の可能性について楽観的な見方を示した。 InveniAIの社長兼CEOであるクリシュナン・ナンダバラン博士は、小野薬品とのパートナーシップの重要性を強調し、新規医薬品プログラムの開発を促進するという共通の目標を強調した。この提携では、創薬プロセスを強
You've successfully subscribed to Generatived
Great! Next, complete checkout for full access to Generatived
Welcome back! You've successfully signed in.
Unable to sign you in. Please try again.
Success! Your account is fully activated, you now have access to all content.
Error! Stripe checkout failed.
Success! Your billing info is updated.
Error! Billing info update failed.