日本の生成AI

Total 2497 Posts
日本国内のAIに関するニューストピックを取り上げます。

愛知医大AI翻訳で学術集会開催

日本先制臨床医学会(愛知医科大学)は、2024年6月22日と23日に大崎ブライトコアホールで学術集会を開催する。このイベントでは、AIリアルタイム翻訳技術「Felo瞬訳」を用いて、講演内容をプロジェクターに同時投影する新しい試みが行われる。 講演では、腸内フローラや水素治療、点滴療法などの最新研究が23名の講師によって発表される。加えて、28小間のブースでサプリメントや検査機器の展示も行われる予定だ。毎年200名以上が参加するこの学術大会は、医療関係者にとって最新情報に触れる絶好の機会となっている。 従来、国内の医療系学術大会は日本語での講演が主であり、外国人参加者には専門通訳者が必要だった。しかし、「Felo瞬訳」の導入により、高い専門性を持つ用語も含めてリアルタイムでの翻訳が可能になり、コスト削減にも寄与している。 「Felo瞬訳」はGPT技術を活用したアプリで、リリースから1力月で4万人のユーザーを獲得。リアルタイム翻訳された講演は動画ファイルにも変換可能であり、アーカイブ視聴数の増加にも貢献する。この世界初のイベントは、医療従事者だけでなく一般の人々も参加でき

全研ケアAI介護施設実証実験開始

Zenken(東京都新宿区)の子会社全研ケアは、AIキャラクターを用いた介護施設での実証実験に参加すると発表した。2024年6月13日から始まるこの実験は、認知機能の改善とサービス満足度の向上を目的としている。商用化は2025年を予定している。 実験にはSpiral.AI(東京都千代田区)やスターダストプロモーション(東京都渋谷区)を含む9社が参画。AIキャラクターのモデルにはタレントの「野々村真」氏が起用され、学研ココファン(東京都品川区)、全研ケア、日本ロングライフ(大阪府大阪市)が実証場所と参加者の提供に協力する。 AI技術を活用した社会課題解決の事例として、この実証実験は注目される。介護施設での「対話」を通じた価値実証が行われることで、AIの社会的な可能性を探る一環となる。 実証実験は、介護施設利用者の認知機能やケアの状況を定量化し、改善策を模索する。全研ケアは介護施設「全研リビング久喜」を実証場所として提供し、2025年の商用導入に向けた知見を得ることを目指す。 出典:プレスリリース

コルモアナ月額AI開発サービス開始

コルモアナ(東京都港区)は、経営者や新規事業責任者が直面する高額な初期開発コストの問題を解決するため、「月額定額制AIシステム開発サービス」を2024年6月17日より開始すると発表した。このサービスは、従来のAIシステム開発が要求する約500〜1,000万円の初期投資とは異なり、小規模から始めて迅速にカスタマイズされたシステムを提供することで、新規事業の成長を加速させる。 サービスの特徴としては、AIプロトタイピング作成、月額制の柔軟な開発プラン、2週間ごとのアジャイル開発が挙げられる。これにより、スタートアップや資金調達に課題を持つ企業が、少ない予算で開発を始め、迅速にビジネスニーズに対応することが可能となる。サービスの詳細は、指定のURLから確認できる。 コルモアナは、業務プロセスの分析、LLMの選定、自動文章作成、データ分析ツールの提供、導入後の運用サポートなど、幅広いサービスを提供している。顧客の事業における効率化の最適解を見つけ出し、システム導入後も継続的なサポートと開発を行うことで、事業の伴走者として機能する。 開発背景には、新規事業開発段階での高額なAI

GVA TECH法務AI拡張で作業効率UP

GVA TECH(東京都渋谷区)は、自社のマターマネージメントシステム「GVA manage」のAIチャットボットとQAデータベースの機能拡張を発表。法務部門の質問と回答を自動で一覧化し、チャットボットで呼び出せる生成AIを活用している。当初は法律相談のみだったが、契約書関連の質問にも対応範囲を広げた。 「GVA manage」はChatGPT APIと連携し、法律相談や契約書に関する過去の質問を自動要約し、データベース化。これにより、類似の法律相談や契約相談の検索が容易になり、法務担当者の作業効率が向上する。 チャットボットが提供する回答に不満がある場合は、複数の別回答をリクエストできる機能も追加された。GVA TECHはユーザーのフィードバックを基にプロダクト開発を進め、法務業務の迅速かつ正確なサポートを目指す。 「GVA manage」は、契約書の作成・レビュー、法律相談などを一元管理するクラウドサービス。事業部担当者は専用アカウント不要で、メールやチャットでやり取りし、法務部は集約されたデータを検索可能。過去案件の調査時間を削減できる。詳細は公式サイトhttp

XOP法人向けOpsAI新機能追加

XOP(東京都千代田区)は、法人向けChatGPT「OpsAI」に新たな機能を追加した。この「OpsAI」は、業務改善を目的とした生成AIを活用し、独自のプロンプトを設計。新たに【タスク管理AI】【管理力養成AI】【議事録AI】【アジェンダAI】【提案書AI】が利用可能になった。 「OpsAI」の特徴は、独自機能「Opsチャット」にある。営業やCS、マーケティングなど多岐にわたる業務テーマに対応し、即時に業務に活用できる。ユーザーは追加費用なしでこれらのサービスを利用できる。 さらに、XOPは既存の「Opsチャット」に加え、社長インタビューAIや競合分析AIなど、多数の独自開発GPTsを提供している。これらは、管理職の生産性向上や管理工数の削減に貢献するとしている。 XOPは、AIと業務(Ops)の融合に強みを持ち、Opsドリブンのアプローチで業務改革を支援している。OpsAIは、セキュリティーや基本性能に優れ、自社独自のGPTの作成も可能。社内利用状況の可視化も実現している。詳細は「Ops(オプス)AI」の公式サイトで確認できる。 出典:

JBCC生成AI活用PoC支援サービス開始

JBCC(東京都中央区)は、Microsoft 365上で生成AI「Copilot for Microsoft 365」を活用する「Copilot for Microsoft 365向けPoC支援サービス」を開始すると発表した。このサービスは、入門編と応用編を無償で提供し、企業が生成AIを業務に取り入れる支援を行う。 生成AIの業務利用には、使い方の不明瞭さやセキュリティーの懸念などの課題があるが、一部企業では既に導入が進んでいる。JBCCは、これらの課題を解決し、企業間の格差を埋めるための支援を行う。 「Copilot for Microsoft 365向けPoC支援サービス」では、Microsoft SharePointやTeamsのデータを活用したチャットボット作成や、在庫管理システムとの連携など、実際の業務データを用いたPoCを提供する。これにより、生成AIの利便性を体感し、回答精度を高める活用術を体験できる。 JBCCは、Microsoft 365の安全なデータ蓄積と活用を目指し、バックアップやアクセス権限監視サービスを提供している。日本マイクロソフト(滝本

SELF AI応答品質向上にGPT-4o採用

SELF(東京都新宿区)は、自社開発のコミュニケーションAI「SELFBOT」を提供している。最新の言語モデル「GPT-4o」と独自の「回答コントロール機能」を組み合わせ、AI自動応答の品質向上を図った。SELFBOTは、OpenAI社の「GPT-4o」を標準連携モデルに採用し、ハルシネーションを抑えた正確な情報提供が可能になることを確認した。 同社は、管理者が意図する回答を出力できる「回答コントロール機能」を追加した。この機能により、HTMLタグを含む回答例を事前に登録し、質問に対して理想的な回答を提供することが可能となる。また、回答例は管理画面から簡単に編集でき、運用・管理の手軽さも特徴だ。 「GPT-4o」と「回答コントロール機能」の組み合わせにより、RAGシステムの堅牢性が向上。SELFBOTは、高度な自然言語処理と精度の高い情報提供を行い、理想的な回答を出力することで、ビジネス環境における回答品質の維持を実現している。詳細や無料体験セミナーについては、指定のURLから問い合わせが可能だ。 出典:プレスリリース
You've successfully subscribed to Generatived
Great! Next, complete checkout for full access to Generatived
Welcome back! You've successfully signed in.
Unable to sign you in. Please try again.
Success! Your account is fully activated, you now have access to all content.
Error! Stripe checkout failed.
Success! Your billing info is updated.
Error! Billing info update failed.