OpenAI/ChatGPT

Total 1746 Posts
OpenAIとその生成AI「ChatGPT」のトピックを取り上げます。

AI時代の働き方・キャリアを考えるARCHETYPセミナー

著名なインターネットグループが主催した最近のイベントで、ARCHETYPは、AI時代の新しいワークスタイルと、生成AIを使用したキャリア開発戦略に焦点を当てたセミナーとネットワーキングセッションを主催した。このイベントには、Chat GPT研究所の所長や、国内のモビリティ企業で派遣社員や契約社員としてキャリアを積んできたARCHETYP Staffingのメンバー6名など、さまざまな分野のスピーカーが参加した。 業界のリーダーやTierMindおよびEDGE Corporationの代表者を含むスピーカーは、AI時代に成功するための洞察を共有した。重要なポイントは、実践的なAIの適用、変化する規範に対する適応性、専門知識を磨くための個人的な情熱の追求の重要性を強調したことだ。AIの出力だけに焦点を当てるのではなく、ビジネスプロセスにAIを統合すること、および品質とコミュニケーションを向上させるためにAIを仕事に取り入れることができる専門家の必要性に重点が置かれました。 ディスカッションでは、AIが支配する環境で成功するために必要な考え方にも触れました。スキル再教育のリーダー

GVA TECH法務AI拡張で作業効率UP

GVA TECH(東京都渋谷区)は、自社のマターマネージメントシステム「GVA manage」のAIチャットボットとQAデータベースの機能拡張を発表。法務部門の質問と回答を自動で一覧化し、チャットボットで呼び出せる生成AIを活用している。当初は法律相談のみだったが、契約書関連の質問にも対応範囲を広げた。 「GVA manage」はChatGPT APIと連携し、法律相談や契約書に関する過去の質問を自動要約し、データベース化。これにより、類似の法律相談や契約相談の検索が容易になり、法務担当者の作業効率が向上する。 チャットボットが提供する回答に不満がある場合は、複数の別回答をリクエストできる機能も追加された。GVA TECHはユーザーのフィードバックを基にプロダクト開発を進め、法務業務の迅速かつ正確なサポートを目指す。 「GVA manage」は、契約書の作成・レビュー、法律相談などを一元管理するクラウドサービス。事業部担当者は専用アカウント不要で、メールやチャットでやり取りし、法務部は集約されたデータを検索可能。過去案件の調査時間を削減できる。詳細は公式サイトhttp

XOP法人向けOpsAI新機能追加

XOP(東京都千代田区)は、法人向けChatGPT「OpsAI」に新たな機能を追加した。この「OpsAI」は、業務改善を目的とした生成AIを活用し、独自のプロンプトを設計。新たに【タスク管理AI】【管理力養成AI】【議事録AI】【アジェンダAI】【提案書AI】が利用可能になった。 「OpsAI」の特徴は、独自機能「Opsチャット」にある。営業やCS、マーケティングなど多岐にわたる業務テーマに対応し、即時に業務に活用できる。ユーザーは追加費用なしでこれらのサービスを利用できる。 さらに、XOPは既存の「Opsチャット」に加え、社長インタビューAIや競合分析AIなど、多数の独自開発GPTsを提供している。これらは、管理職の生産性向上や管理工数の削減に貢献するとしている。 XOPは、AIと業務(Ops)の融合に強みを持ち、Opsドリブンのアプローチで業務改革を支援している。OpsAIは、セキュリティーや基本性能に優れ、自社独自のGPTの作成も可能。社内利用状況の可視化も実現している。詳細は「Ops(オプス)AI」の公式サイトで確認できる。 出典:

SELF AI応答品質向上にGPT-4o採用

SELF(東京都新宿区)は、自社開発のコミュニケーションAI「SELFBOT」を提供している。最新の言語モデル「GPT-4o」と独自の「回答コントロール機能」を組み合わせ、AI自動応答の品質向上を図った。SELFBOTは、OpenAI社の「GPT-4o」を標準連携モデルに採用し、ハルシネーションを抑えた正確な情報提供が可能になることを確認した。 同社は、管理者が意図する回答を出力できる「回答コントロール機能」を追加した。この機能により、HTMLタグを含む回答例を事前に登録し、質問に対して理想的な回答を提供することが可能となる。また、回答例は管理画面から簡単に編集でき、運用・管理の手軽さも特徴だ。 「GPT-4o」と「回答コントロール機能」の組み合わせにより、RAGシステムの堅牢性が向上。SELFBOTは、高度な自然言語処理と精度の高い情報提供を行い、理想的な回答を出力することで、ビジネス環境における回答品質の維持を実現している。詳細や無料体験セミナーについては、指定のURLから問い合わせが可能だ。 出典:プレスリリース

RelieとCount Lead、生成AI対応LLMOpsサービス開始

Relie(東京都港区)とCount Lead(埼玉県川口市)は、生成AI技術の開発・導入支援を行う「fuzion LLM LAB.」を共同で運営。新たにLLMOpsプラットフォーム「Dify」に特化したサービスを開始すると発表した。企業の業務自動化と効率化を目指し、生成AIシステムの受託開発や研修を提供する。 「Dify」は、直感的な操作で非技術者もアプリケーションを容易に作成・管理できるLLMOpsプラットフォーム。OpenAIのChatGPTやGoogleのGeminiなど多様なAIモデルに対応し、迅速な開発を可能にする。セキュリティーやカスタマイズにも対応する自社専用環境の構築が可能だ。 新サービスでは、初期導入支援として汎用独自アプリのパッケージ提供、従業員向け研修、業務に合わせたカスタムアプリの受託開発を行う。また、生成AI技術を反映したシステムの継続的なアップデートとメンテナンスも提供する。 fuzion LLM LAB.は、今後も生成AI技術の研究開発を進め、企業のDX推進を支援する。新たなビジネス環境の創造に貢献することを目指している。 出典:プレ

カトルセ新メディアAi Cafe開設

カトルセ(東京都中央区)は、法人向けに生成AI支援サービスを提供している企業であり、最新の生成AI情報を集約したメディア「Ai Cafe」を開設した。この新メディアは、生成AIに関する最新ニュースや深堀り記事など、幅広いコンテンツを提供することを目的としている。 「Ai Cafe」は、AI情報を数分で読める単位でまとめ、気軽に学べるメディアとして作成された。利用者はカフェでコーヒーを飲みながら、最新のAI技術やトレンドを把握できるようになる。また、カトルセが出展するAI展示会情報やウェビナー情報も提供される。 多くの企業がAIを活用し、生産性の向上や新サービスの提供に成功している。しかし、情報を集めるだけではなく、適切な活用方法を見つけ、行動に移すことが重要だ。カトルセはこれまで多くの企業のAI活用に関する相談に応じてきた経験を生かし、読者に役立つ情報を提供する。 「Ai Cafe」は、生成AIをまだ使いこなしていない人から企業のAI担当者まで、幅広い層をターゲットにしている。コンテンツ例としては、「Google Geminiを使おう!」や「ChatGPTマーケティン

Multiverse新AIサービスiroaiβ公開

Multiverse(東京都新宿区)は、ChatGPTやGeminiなどのAIツールを統合した新サービス「iroai」のβ版を公開。100名の先行体験ユーザーを募集し、AI情報メディア「HowTo AI」も同時にスタートさせた。 「iroai」はChatGPTやGemini、LlamaなどのAIを一つのプラットフォームで利用可能。複数のAIを同時に活用し、創造的なタスクに対応できる。利用可能なAIサービスは今後も更新される予定だ。 利用者は月額2,000円からの料金プランで「iroai」を使用できる。複数のAIツールを個別に契約するよりもコストを抑えられる。さらに、β版リリースを記念して7日間の無料体験も提供中で、クレジットカード登録は不要だ。 「HowTo AI」では、AIニュースや活用術を分かりやすく解説。AIマーケティングの専門家である梁根赫が執筆し、「誰も取り残さないAI解説メディア」として最新情報を提供している。 出典:プレスリリース
You've successfully subscribed to Generatived
Great! Next, complete checkout for full access to Generatived
Welcome back! You've successfully signed in.
Unable to sign you in. Please try again.
Success! Your account is fully activated, you now have access to all content.
Error! Stripe checkout failed.
Success! Your billing info is updated.
Error! Billing info update failed.