テキスト系生成AI

Total 2782 Posts
テキストやコードの生成、チャットボットなどのAIトピックを取り上げます。

アントロピック、強化された新しいクロード 3.5 ソネットを発表

Anthropicは、強化されたインテリジェンスを誇り、前身のClaude 3 Opusよりもコスト効率に優れた新しいAIモデル、Claude 3.5 Sonnetを発表した。Amazon Bedrockで入手可能なこのモデルは、Claudeファミリーの一部であり、堅牢なセキュリティー機能を備えた生成AIアプリケーションの構築と展開のための幅広い高性能な基盤モデルを提供する。 Claude 3.5 Sonnetは、専門知識や複雑な推論などのさまざまな能力において、OpenAIのGPT-4oやGoogleのGemini 1.5 Proなどの他のモデルを上回り、AI業界の新しいベンチマークを確立した。以前のバージョンよりも優れたパフォーマンスを発揮するだけでなく、コストも大幅に削減されているため、顧客にとってよりアクセスしやすいオプションとなっている。 Claude 3.5 Sonnetの機能は、顧客サポートやワークフロー管理などの複雑なタスクにも拡張され、ニュアンスに富んだ共感できるトーンのクリエーティブライティングに優れている。また、マルチモーダル機能により、画像を効果的に

UCSF 神経補綴装置がバイリンガル音声コミュニケーションを可能にする

言語障害を持つ人々にとって大きな進歩として、科学者チームがバイリンガルの脳卒中患者の脳信号を解釈する神経補綴具の訓練に成功し、スペイン語と英語の両方でコミュニケーションできるようにした。パンチョと呼ばれる患者に埋め込まれたこの装置は、患者の脳活動をコンピューター画面に表示される言葉に変換する。カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究で詳細が説明されているこの開発は、重度の麻痺を持つ人々の脳活動を音声に変換する技術の可能性を初めて示した以前の研究に基づいている。 エドワード・チャン博士の研究室からの最新の研究結果は、神経補綴具が言語を区別する能力を実証している。バイリンガルAIモデルを使用することで、この装置はパンチョがスペイン語で話すのか英語で話すのかを識別できる。この画期的な進歩は、神経補綴具の最初の移植から4年後に行われたため特に注目に値し、その耐久性と、コミュニケーションに問題のある人々に提供できる可能性のある継続的なメリットの両方を示している。 研究チームは、NVIDIAの技術を活用した高度なニューラルネットワーク モデルを使用して、パンチョの脳活動を分析した。パ

ターゲットが GenAI ストア コンパニオンを全国で発表

ターゲットコーポレーションは、8月までに全国の約2,000店舗の従業員に、Store Companionという新しい生成型人工知能(GenAI)ツールを導入する計画を発表した。このGenAI搭載チャットボットは、業務上の質問に回答し、新入社員にガイダンスを提供し、店舗運営における経営陣のサポートを行うことでスタッフを支援するようにカスタマイズされている。Store Companionの導入は、顧客サービスを強化し、会社の持続的な成長を促進するためにGenAIテクノロジーを統合するというターゲットの戦略的取り組みの一環だ。 Store Companionチャットボットは、店舗チームメンバーに提供されるデバイスのアプリからアクセスでき、さまざまな手順に関する質問に即座に回答する。このイノベーションは、日常業務を合理化し、スタッフが顧客に迅速かつ自信を持ってサービスを提供できるようにすることを目的としている。現在、このチャットボットは約400店舗で試験運用されており、これらのパイロットからのフィードバックを使用して、ツールを改良してから広く導入する予定だ。 ターゲットのGenAI

SOCi、ローカライズされた顧客とのやり取りを強化するチャットボットを発表

SOCi, Inc.は、複数の拠点を持つ企業の顧客とのやり取りを強化することを目的としたAI搭載チャットボット、SOCi Chatを発表した。このチャットボットは、Facebook、SMS、ローカルウェブサイトなどのさまざまなプラットフォームで、全て単一の企業設定で管理され、即時のローカライズされた応答を約束する。SOCi Chatは、生成AIを使用して人間のような会話を模倣し、問い合わせに対して迅速かつ正確な回答を提供することで、顧客エンゲージメントと満足度の向上を目指している。 SOCi Chatを同社の既存プラットフォームに統合することで、顧客とローカルブランドとのシームレスな接続が可能になる。チャットボットの超ローカライズされたアプローチは、各場所の特定のFAQとニーズに対応し、スタッフの作業負荷を軽減して、より複雑なタスクに集中できるようにする。SOCi Chat内のインテリジェントアラートは、必要な場合にのみ人間のエージェントが関与するように設計されており、AIから人間のサポートへのスムーズな引き継ぎを促進する。 最高製品責任者のFalk Gottlob氏は、S

Grammarly が新たな生成AIパートナーシップを発表

Grammarlyは最近、ロンドンテック ウィークのゴールドパートナーとして重要な役割を担い、技術革新に関する対話に貢献した。6月10日から12日まで開催されたこのイベントには、テクノロジー業界のリーダーや熱心なファンが集まり、進歩や共同事業について話し合った。 イベント中、GrammarlyはCDWと共同で、生成AIテクノロジーの倫理的使用と革新的なアプリケーションに焦点を当てたファイアサイドチャットを主催した。ディスカッションでは、企業のコミュニケーションと業務効率を改善するためのパートナーシップの取り組みが強調され、責任あるイノベーションの重要性と生成AIプロジェクトの長期的な実行可能性も強調された。 Grammarlyのチャネルセールス責任者Ty Rottare氏は、情報過多やメッセージングプラットフォームの急増など、現代のコミュニケーションの課題に関する見解を共有した。同氏は、GrammarlyのAIソリューションが、企業に明確でカスタマイズされたサポートを提供し、これらの問題への対応を支援するように設計されていると説明した。CDWとの提携は、組織内で責任あるAI

Course Hero がサミットで AI 学習ツールを発表

Course Heroは、毎年開催される教育サミットで、同社初のAI対応学習ツールを発表した。これは、教師と生徒の両方にとって教育体験を向上させる大きな一歩だ。CEOのJohn Peacock氏は、教室のテクノロジーを形作る上で教育者の意見が重要であることを強調し、教育上意味のあるツールを作成するという同社の取り組みを強調した。新しいAIツールは、学習をパーソナライズし、さまざまなコースで学習プロセスを合理化することを目的としている。 このオンライン学習プラットフォームは、製品アドバイザリーコミュニティーも開始し、さまざまな学歴や教育レベルの約200人の教育者が参加している。このコミュニティーは、提案の提供、プロトタイプのテスト、教室での調査に積極的に参加してAIツールを改良している。この共同作業により、開発された製品が教育分野のニーズによく適合していることが保証される。 准教授のSandra Guzman-Foster氏は、サミットでCourse HeroのAI学習ツールの可能性を紹介した。彼女は、チャットツールの肯定的な体験を共有し、授業計画を強化し、包括的な学習環境を

GMO AI&ロボティクス商事新設発表

GMOインターネットグループは、"全ての人にインターネット"を掲げ、新たな事業としてGMO AI&ロボティクス商事を立ち上げた。2024年6月18日には、8体のロボットとドローンが参加する記者会見を開催し、AIとロボットの未来を示した。 会見ではAI制作の映像を披露し、グループ代表熊谷正寿とGMO AIR代表取締役社長内田朋宏が挨拶。東京大学の松尾豊教授と千葉工業大学の古田貴之氏からビデオメッセージとデモンストレーションがあった。 GMOインターネットグループは、GMO AIRを通じてAIとロボットの普及を目指す。2040年の労働力不足解消に貢献し、ロボットの新たな販売方法も視野に入れている。 新設されたGMO AIRは、AI・ロボット導入支援サービスを展開。顧客のニーズに応じたソリューションを提案し、AI人材育成にも注力する。GMOインターネットグループの総合力を生かし、産業に価値を提供する。 出典:プレスリリース
You've successfully subscribed to Generatived
Great! Next, complete checkout for full access to Generatived
Welcome back! You've successfully signed in.
Unable to sign you in. Please try again.
Success! Your account is fully activated, you now have access to all content.
Error! Stripe checkout failed.
Success! Your billing info is updated.
Error! Billing info update failed.