AI企業/製品/技術

Total 8267 Posts
世界の各種AI製品やメーカー、最新技術開発のトピックを取り上げます。

JAPAN AI、GPT-4o mini導入発表

JAPAN AI(東京都新宿区)は、AIサービス「JAPAN AI CHAT(™)」「JAPAN AI SPEECH(™)」に「GPT-4o mini」を導入したと発表。この新しいモデルは、高性能ながらもコストを抑えた運用が可能になるとしている。 「GPT-4o mini」の採用により、JAPAN AIのサービスは低価格での提供が実現。また、一度に出力できるトークン数が増加し、より多くの情報を処理できるようになった。同社は、顧客からの問い合わせに対して詳細を提供するとしている。 技術の進歩を追い続けるJAPAN AIは、今後も最新のAI技術を取り入れ、サービスの質の向上を図る方針。顧客には常に最新の機能を提供し続けることを目指している。 JAPAN AIは、企業向けのGPTサービス「JAPAN AI Chat(™)」やマーケティング支援「JAPAN AI Marketing(™)」、議事録生成「JAPAN AI Speech(™)」など、多岐にわたるAIサービスを展開。これらのサービスを通じて、企業の生産性向上に貢献していくとしている。

グラファーAI、Google最新LLM対応

グラファー(東京都渋谷区)は、企業向け生成AIプラットフォーム「Graffer AI Studio」がGoogleの「Gemini1.5 Pro」と「Gemini1.5 Flash」に対応したと発表。これにより、国内リージョンでの大規模コンテキスト処理が可能になり、業務効率化が図れるとしている。 同社によると、新たな対応により生成AIの導入が容易かつ効率的になるという。また、先進技術の積極的な導入を通じて、企業の生成AI活用を支援する方針を示している。サービスサイトは「https://graffer-aistudio.jp」で、問い合わせ先は「https://graffer-aistudio.jp/contact」である。 2023年4月からサービスを開始した「Graffer AI Studio」は、これまでGPTやClaude、Gemini 1.0など複数のLLMを提供。今回の「Gemini1.5」の提供開始により、国内リージョンでの利用が拡大し、大量コンテキストの高速処理が安価に実現できるようになった。

Exa Enterprise AI GPT-4o mini 対応発表

Exa Enterprise AI(東京都港区)は、法人向けChatGPTサービス「exaBase 生成AI」が米OpenAI社の「GPT-4o mini」に7月23日より対応すると発表した。このモデルは「GPT-4o」の小型版で、高速かつ低コストでの利用が可能であり、従量料金は無料となる。同社は、Claude 3.5 SonnetやGPT-4 Visionにも対応し、基盤モデルの選択肢を広げている。 「GPT-4o mini」はOpenAI社の最新モデルで、2024年5月にリリースされた「GPT-4o」を軽量化したものだ。生成速度は「GPT-3.5 Turbo」と同等で、性能は高く料金も抑えられる。これにより、生成AIの広範な活用が促進されることが期待される。 Exa Enterprise AIは、OpenAIのGPTシリーズに加え、Anthropicの「Claude」やGoogleの「Gemini」など多様なLLM・基盤モデルに対応している。GPT-4o miniは海外リージョンから提供され、

JetB AIライティングツールGPT4o対応

JetB(東京都新宿区)が提供するAIライティングツール「うちのライター」が、ChatGPTの最新モデル「GPT4o mini」に対応した。このツールはSEOに強い記事を自動生成し、2024年4月1日に正式リリースされたばかりだ。長文生成やスマートフォン対応、競合サイト分析など多機能を備え、SEOコンテンツ制作の時間と労力を削減する。 「うちのライター」は、Instagramの運営情報を学習し、投稿アイデアやキャプション生成も可能。SEO対策やSNS運用の負担を軽減し、質の向上も期待できる。コンテンツマーケティングに注力する事業者から高評価を得ている。 今回のアップデートでは、「GPT4o mini」が即日実装された。精度と速度は前モデルを上回り、APIコストは60%以上削減される。旧モデルからの自動移行も行われ、ユーザーは手間なく最新技術を利用できるようになった。 JetBは今後も「うちのライター」を通じて最先端のAI技術を活用したソリューションを提供する。このアップデートにより、ユーザーは高品質な文章生成とコスト効率の向上を実現できるようになる。AI技術の進化に即

TRAILBLAZERとJR西日本AI実証実験

TRAILBLAZER(大阪府大阪市)はJR西日本(大阪府大阪市)と協力し、データとデジタル技術を活用して顧客サービスの向上を図る。今回、ファッショングッズ(大阪府大阪市)が運営する「エピソード三ノ宮店」で、AI「monoshiri -モノシリ-」を用いた実証実験を開始する。 実験は7月31日から8月13日まで行われ、TRAILBLAZERがプロジェクトの設計と管理を担当。InnovativeAI(東京都渋谷区)が「モノシリ」をカスタマイズし、顧客に合わせた商品提案を行う。この取り組みは「JR西日本グループ長期ビジョン2032」の目標達成に寄与する。 「モノシリ」は、消費者が商品を探す際の迷いを解消し、関連商品の推薦も行う。音声入力で商品を尋ねると、AIが最適な売り場を案内し、POSデータや販売戦略を基に最適な商品を提案する。 このAIの導入により、消費者は迷わずに商品を見つけられ、購買体験が向上する。店舗の効率化とデータ活用も進み、小売業界全体のデジタルトランスフォーメーションが促進される見込みだ。導入に関する詳細はInnovativeAIに問い合わせることができる

ミストラル AI が NeMo 12B エンタープライズ言語モデルを発表

Mistral AI は NVIDIA と共同で、エンタープライズ アプリケーション向けにカスタマイズされた新しい言語モデルである Mistral NeMo 12B を発表しました。この高度なモデルは、チャットボットの強化、多言語タスクのサポート、コーディングと要約機能の向上を目的として設計されています。このパートナーシップでは、Mistral AI のトレーニング データに関する熟練度と NVIDIA の最先端のハードウェアとソフトウェアを活用し、さまざまなアプリケーションで高いパフォーマンスを約束するモデルが誕生しました。 Mistral AI の共同創設者兼主任科学者である Guillaume Lample 氏は、NVIDIA とのパートナーシップに感謝の意を表し、並外れた精度、適応性、効率性を特徴とするモデルの作成につながった共同の取り組みを強調しました。Mistral NeMo は、NVIDIA の DGX Cloud AI プラットフォームで綿密にトレーニングされ、加速推論用の NVIDIA TensorRT-LLM とモデル構築プロセスの改良用の NVIDIA Ne

CoSAI、AIセキュリティ対策開発イニシアチブを発表

AIセキュリティを強化するための重要な動きとして、Coalition for Secure AI(CoSAI)という新しい連合がAspen Security Forumで発表されました。Amazon、IBM、Microsoftなどの大手テクノロジー企業が参加するこの連合は、AIテクノロジーに関連する固有のリスクに対処するための包括的なセキュリティ対策の開発を目指しています。CoSAIは、定評のある国際標準およびオープンソースコンソーシアムであるOASIS Openの支援を受けて運営されます。 CoSAI は、業界や学界との連携を含む、当初の重点分野を概説しました。取り組みは、ソフトウェア サプライ チェーンのセキュリティを AI システムに拡張すること、進化する状況にサイバー セキュリティ防御者を準備すること、AI セキュリティの問題に対する堅牢なガバナンスを確立することに重点が置かれます。これらの取り組みは、既存のセキュリティ フレームワークを基盤として構築され、実践者に実用的なガイダンスとリソースを提供することを目指します。 この連合の結成は、AI の標準化されたセキュ
You've successfully subscribed to Generatived
Great! Next, complete checkout for full access to Generatived
Welcome back! You've successfully signed in.
Unable to sign you in. Please try again.
Success! Your account is fully activated, you now have access to all content.
Error! Stripe checkout failed.
Success! Your billing info is updated.
Error! Billing info update failed.